【お問い合わせ】
月~金 10:00~18:00
TEL 03-5912-6541

I.H.M.ドルフィン公式ページ
7月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031
8月の営業日
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

練馬サロンの営業日です。

大塚サロンへお越しの際は、一度お電話にてご確認ください。
東京都豊島区南大塚2丁目42-7
水野・林原ビル3F
TEL:03-6912-1307
アクセス

トップ / 数霊セラピーウォーター

数霊セラピーウォーター


数霊セラピーウォーターが記憶している情報は、それぞれの目的に必要な波動情報をKTS-PRO(数霊セラピーシステム・プロ/波動測定器)を使って測定を行い拾い出した情報です。
すべての人に共通して必要な情報は、5次元レベルにおける普遍的無意識の領域に存在している情報であり、これらの波動情報は人の五感でとらえられる範囲を超えた情報なのです。
このような波動水を飲むことで、体内に波動情報を取り込むことになりますので、その情報が心(潜在意識)に働きかけて様々な変化が起きてくるのです。心(潜在意識)が心地良いと感じる情報が転写されている数霊セラピーウォーターを飲むことで、ストレスが発散されて元気になります。
数霊セラピーウォーターは、それぞれの目的に応じて必要な波動コードを選出し、その波動コードを数霊の法則に照らし合わせて転写したお水です。

[商品コード ] kw13

「チャクラ」数霊セラピーウォーター

  • 数霊チャクラウォーター

商品説明

内容量:300ml
原材料:水(バイオクラスタード加工水)
軽量カップ・アルミチャック袋付
[商品コード ] kw13

「チャクラ」数霊セラピーウォーター

販売中税率8%
8,640円(うち消費税額640円)
POINT80ポイント
お友達のメールアドレス必須
あなたのメールアドレス必須

あなたのお名前必須
コメント
友達にすすめるメールを送信しました。

お気軽にお問い合わせください。

お名前必須
メールアドレス必須

電話番号
お問い合わせ内容必須
回答方法

プライバシーポリシーをご確認ください。

問い合わせメールを送信しました。

各チャクラの働きとカラー


チャクラの対応図

第1チャクラ/ムーラーダーラ第1チャクラ/ムーラーダーラ


ダイナミックな動きをもたらし、エネルギーで満たす


尾底骨付近にあるとされ、赤色に対応
身体全体にパワフルなエネルギーが満ち溢れ本来の自分が目覚め生き生きとした感じがします。
そしてあらゆる生命とのつながりや連帯感を感じることでしょう。




第2チャクラ/スパーディシュターナ第2チャクラ/スパーディシュターナ


お互いを尊重しつつ、アイデンティティを創りだす


おへその下、腸や仙骨付近にあるとされ、オレンジ色に対応
情熱的なエネルギーと、至福と豊かさを感じ魅力を引き出す。
異性とのコミュニケーションをよりよい関係へと導きます。




第3チャクラ/マニプール第3チャクラ/マニプール


中心にいる感覚、すべてを超越した魔法的感覚が覚醒

腹部あたりにあるとされ、黄色に対応
個人的な力・意志・自主性・代謝と上手にコミュニケートでき、活動的な時には、エネルギー・効率性・自発性・威圧感にたよらない真の力をもたらします。




第4チャクラ/アナーハタ第4チャクラ/アナーハタ


精神的にバランスがとれて安らかでリラックした感覚になる


心臓付近、胸部あたりにあるとされ、緑色に対応
愛と関係が深く二元的な対極、精神と肉体、男性性と女性性、ペルソナとシャドウ、エゴとユニティなどを1つに統合する働きをします。
深い愛、慈悲、平和の感覚、自己に中心軸のある感覚に満ち溢れることでしょう。




第5チャクラ/ヴィシュッダ第5チャクラ/ヴィシュッダ


言語能力のセンターと知的コミュニュケーション


のどのあたりにあるとされ、青~ターコイズ色に対応
コミュニケーションを交わすことでお互いを理解し、新らしい関係・体験を創造していきます。
また、全ての病気はこのチャクラと因果関係があるともいわれ、多くの恐れなどの感情とも関係しあっています。




第6チャクラ/アージュニャー第6チャクラ/アージュニャー


高次の愛のエネルギーと調和する


額のあたりにあるとされ、藍色に対応
眉間、第3の目として知られ、物理的と直観的の2つの方法で「見る」ことに関係します。
霊的能力を開き、根源的な理解を促し、物事を明確に客観的に見ることを可能にします。




第7チャクラ/サハスラーラ第7チャクラ/サハスラーラ


魂の持つ快活さと明晰、もっとも高いレベルでの宇宙的統合


頭頂部分にあるとされ、紫色に対応
神(と呼ばれる存在、あるいは大自然)との間を繋ぐ宇宙的エネルギーポイントであり、生命力を身体に取り込む部分で、霊的や超精神的直感のセンターと呼ばれている部分でもあります。
ここから得られたエネルギーは各チャクラを通して全体に伝わり大きな影響を与えています。


伸ばしたい能力チェックチャート


あなたの伸ばしたい能力を開花させ自己実現に至るには、複数のチャクラを開く必要があります。


チャクラチャート


数霊セラピーウォーターの飲み方


「数霊セラピーウォーター」は、1本 300ml入りになっています。通常は、この中身を100倍に薄めて毎日お飲みいただきます。基本的な飲み方でお飲みいただいた場合、1日500mlとして約60日分になります。


1)蒸留水か国産ミネラルウォーター(ミネラル分の少ない軟水表示のもの)、高性能な浄水器の水で薄めてください。蒸留水で薄めるのがベストです。


2)2リットルの蒸留水かミネラルウォーターに対して「数霊セラピーウォーター」を20ml加えてください。


3)希釈したお水を毎日、朝、昼、晩の3回にコップ1杯ずつお飲みください。
合計で一日500ml以上を飲むようにしてください。たくさん飲んだほうが効果が高くなります。
 (飲む前にボトルの底を手のひらで叩いて振動を与えてください)


4)原液及び希釈したお水は、直射日光や電磁波の影響を受けないところで保管してください。冷蔵庫の中に保管するのは大丈夫です。


10年間におよぶMRAコードと数霊の研究から誕生した波動水


魔方陣 波動測定で使うMRAコードは、5桁の数字で表されています。このMRAコードすべての列で、1列の合計数が同じになるように並べられた魔方陣をつくることができます。
 10年間におよぶMRAコードと数霊の研究から、その魔方陣の中に先ほどの法則とは違う、隠されていた新たな法則を発見しました。
 すべての人に対して肉体レベルの波動情報から、潜在意識レベルの波動情報にまで、働きかけることのできる波動水です。


数霊セラピーウォーターに転写されている波動情報


 宇宙や自然の法則に調和した波動情報とは、一体どのような情報なのでしょうか?
 もともと、MRA(波動測定器)から発信される波動情報は、宇宙や自然に調和した本来の波動情報しか発信できないように造られています。
 たとえば、身体部位であれば、正常な胃の波動や肝臓の波動、感情波動であれば優しさの波動や感謝の波動などです。
 しかしながら、長年の研究からその情報を単体で転写するよりも、組み合わせて転写する方が、より効果が高くなることが解ってきました。
 そして、その組合方法もやはり、宇宙や自然の法則に調和した法則で行うことにより、波動転写効果を最大限に引き出すことができるのです。
 その組合せ方法のヒントが、古神道における数霊(かずたま)の教えの中にあったのです。


数霊の教え「魔方陣」を使って波動転写


魔方陣 数霊の教えにある魔方陣は、数で宇宙を現したものであると教えられています。
 右にある魔方陣は、3×3の一番基本になる魔方陣です。
 たて・よこ・斜め、どの列も3個の数字を合計すると15になるように数が並べられています。
 この配置は、全ての方向から見て、全体が『相対的』にバランスの取れた状態になっているのです。
 宇宙は、この魔方陣の様にどの方向からとらえても全体が相対的にバランスの取れた状態になっていることが解ります。
 ここでは、これ以上の詳しい説明は省略させていただきますが、波動転写をする組合せにおいても、完全にバランスのとれたコードの組合せを作り、それらの情報を一緒に転写することで、人の心(意識)に働きかける効果は驚くほど大きくなります。
 当社で開発した「数霊セラピーウォーター」シリーズは、このような理論に基づいて波動情報を転写しています。


波動情報とは?


 私たちは毎日生活する中で、いろんな物を見たり、さまざまな音や声を聞いたりしながら情報を得ています。
 そして、きれいな景色を見たり、心地よい音楽を聴くことで、ストレスが解消されたり、心が癒されたりと言う経験を誰もがお持ちだと思います。
 五感(視覚・聴覚・嗅覚・味覚・触覚)から取り入れた情報を、脳の中で処理しながら、最終的に心(意識)でその情報を感じ取っているのです。
 五感から取り入れた情報がきれいであったり、心地よいものであれば、その情報を感じ取っている私たちの心(意識)も心地よくなるのです。
 ところが、逆に汚い物を見たり、騒音の中にいると不愉快な状態になり、ストレスが溜まってしまいます。
 このように、わたしたちの心(意識)は五感から取り入れた情報の影響を敏感に感じて、いろいろ変化をしているのです。
 そのような五感から取り入れる情報は、すべて波動情報なのです。


目に見えない波動情報?


 「わたしは、目に見えるものしか信じない」と言う方が世の中には大勢いらっしゃるようです。
 でも、少し考えてみれば解ることですが、一般的に知られているものの中にも、目に見えないものはたくさんあります。
 たとえば、空気、電気、運気、善意、心、感情、など...。
 空気は酸素や窒素などの原子が集まった気体ですから、電子顕微鏡で観察すれば見ることはできますが、電気はエネルギーでありそのものを見ることはできません。
 蛍光灯や電化製品などを通して、その働きから電気が流れていると推測しているだけなのです。
 運気、善意、心、感情などになりますと、人の心の動きやエネルギー状態ですから、その人の表情や動き、言葉などを通して知ることはできますが、そのものを見るのは不可能です。
 このように、普段なにげなく使っている言葉ですが、見えないものを表現している言葉はたくさんあり、探せば他にもいろいろあると思います。
 普段このような言葉を使っておきながら、「目に見えるものしか信じない」と言うのはあまりにも無理があるのではないでしょうか?


みんな学んだ理科の授業


 目に見えない世界の存在は、小学校の理科の授業でも学んでいるのです。以下の図は、光の波長を説明したものです。
光の波長
 私たちが暮らしている地球には、太陽から光が届けられています。その光はさまざまな波長の光が合わさっているのです。
 太陽の光をプリズムに当てると、光が分光されて赤から紫までの虹色が現れてきます。わたしたちが目にすることのできる光は、その虹色の中に含まれている波長の光に限られているのです。
 でも、実際に太陽から届いている光は、超短波放射線からガンマ線までの幅広い波長の光が届いています。その中でわたしたちが目にしている光は、可視光線と呼ばれている、ほんの狭い範囲の光でしかないのです。
 また、音にしても可聴音域と呼ばれている、実際に人が聴くことのできる音の範囲があり、その周波数は、20Hz~17,000Hzと言われています。これよりも低い音や高い音は聴くことができないのです。
 つまり、私たちが普段見たり聴いたりしている情報は、本当に狭い範囲の情報でしかなくて、見えていない、聞こえていない情報の方がはるかに多いと言うことを知る必要があるのです。


水が情報を記憶する!


 水が情報を記憶するということは、科学の世界ではまだ証明されていませんが、ヨーロッパの伝統医療であるホメオパシーの世界では常識になっています。
 ホメオパシーとは、病気の原因物質を水に希釈して振騰させ、それをさらに希釈して振騰させるということを繰り返すのです。最後には、水の中に希釈した物質の分子が、計算上1個も残らないレベルまで希釈するのです。そして、その水を飲むことで、病気を癒すという治療方法なのです。
 これは、最終的な水の中には物質は残っていないのですが、水の中に物質の情報が記憶されており、その情報が効いて病気が治ると考えられています。
 水が情報を記憶していることをビジュアルで表現する手法として、水の結晶を写真撮影する方法があります。
 IHM総合研究所において、さまざまな水を氷結させて、その結晶を写真撮影する研究が行われています。
 その結果、水の種類によって結晶の形は様々であることが解りました。きれいな自然水などは本当に美しい結晶ができますが、雨水や水道水ではきれいな結晶はほとんど出来ませんでした。
 水の結晶は、その水が記憶している波動情報が目に見える形として現れたものであり、エネルギーの状態を表しているとも言えます。
 きれいな結晶ができる水には、私たちの身体と心(意識)に良い働きかけをしてくれる、宇宙と自然の法則に調和した情報が記憶されていると考えられます。
水の結晶「水からの伝言」より
 「数霊セラピーウォーター」が記憶している情報は、MRA(波動測定器)を使って転写した波動情報ですが、この波動情報は人の五感でとらえられる範囲を超えた情報であり、ホメオパシーと同様に水の中には水分子以外の物質は存在していません。
 このような波動水を飲むことで、体内に波動情報を取り込むことになりますので、その情報が心(意識)に働きかけてさまざまな変化が起きてくるのです。  
 最初に説明しましたように、心(意識)が心地よいと感じる情報が転写されていれば、ストレスが発散されて、元気になるのです。
 数霊セラピーウォーターには、宇宙や自然の法則に調和した波動情報が転写されていますので、どなたが飲まれても良い働きかけがあるのです。

 

水が情報を記憶する「第4の水の相」


第四の水の相 ワシントン大学生物工学科教授のジェラルド・ポラック博士は、世界でもトップレベルの水の科学者のお一人であり、過去10年にわたって、毎年世界中から水の科学者・研究者が一堂に会する「物理学・化学・生物学における水に関する年次会議」の議長をされています。
 また科学専門誌「WATER」の創設メンバー兼編集長もされてきています。
 ポラック博士は、世界一流の科学者でありながら、故・江本勝会長の著書『水からの伝言』を高く評価してくださっています。
 『水からの伝言』では、水にさまざまな処理を加えた後で、その水を凍結し、形成される氷の結晶の形を観察する実験を積み重ねることによって、「水はさまざまな情報を記憶する可能性がある」ということを示唆してきています。


 『水からの伝言』は科学書としてではなく、一般の方に向けた啓蒙書として書かれたものであり、江本勝会長自身も科学者ではなかったため、この結果について、一部の科学者たちから、「水が情報を記憶するはずがない」「非科学的である」と言った批判を受けてきました。
 ところが、ポラック博士が提唱している『第4の水の相』という新しい水の姿を考慮すると、「水には情報を記憶する可能性がある」ということが、極めて科学的に推測されるのです。
 そのため、ポラック博士自身、江本会長の仕事に関して、「江本博士が始めたスピリチュアルな面での仕事と、私たちが行っている科学的な研究の間には、とても密接な関係があります。お互いにとてもよく対応していると思います」と言ってくださっています。


ポラック博士

おすすめ商品